line スタンプ 作る

LINEスタンプを作るのって難しいの?…

「LINEスタンプを作ってみたいけど絵が描けない」…
「LINEマーケットの登録方法審査手順が分からない」…
「40個以上もデザインを考えて作る時間もない」…
クオリティの高いスタンプが作りたい」…
そんな方には、LINEスタンプを作ってくれるプロの制作会社依頼することをおすすめします!
現在、一般のユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、2015年5月8日~6月7日までの1ヶ月間におけるスタンプ販売総額が1億5千万円を突破しました。また販売額1万円以上のスタンプは全体の約6割を占めたと言われています。
このように個人でも身近になったLINEスタンプ制作ですが、いざ作るとなるとデザインや制作時間審査基準ノウハウなど、まだまだ難しい面もあります。
そこで当サイトでは手間や時間を掛けず、しっかりとしたクオリティでLINEスタンプ作ってくれる会社を厳選してご紹介しています。蛇の道は蛇、餅は餅屋と言うことわざがあるように、その道のプロに任せる方が結局は近道だったりするのです。
特に今回はLINEスタンプを作る上で一番気になる制作費用の安い順にランキングしています。


line スタンプ 作るスタンプファクトリー

line スタンプ 作る line スタンプ 作る

業界最安値39,800円(レベニューシェア)でLINEスタンプが作れるスタンプファクトリーです。
スタンプのデザインイメージを伝えるだけでプロのクリエイターが制作してくれたり、売上30位以内を目指すLINEスタンプ制作を返金保証付の98,000円で実施しており、個人の方でも気軽にLINEスタンプを作ることができます。
さらにスタンプファクトリーでは単にLINEスタンプを作るだけではなく、独自の審査マニュアルを用意して、審査の通過率は現在まで驚異の100%を誇っています。
デザインだけなく、審査までのサポートまでしっかりと行ってくれて、この価格なら納得です。

line スタンプ 作るアーリンク

line スタンプ 作る line スタンプ 作る

月々4,000円からLINEスタンプが作れる株式会社アーリンクのLINEスタンプ制作代行です。
特徴としてはLINEスタンプ制作費用を月賦で対応してくれる事や作ったスタンプデータを販促グッズとして利用でき、また中国語英語スタンプにも対応してくれる点です。
既に完成したスタンプを直してくれるプラン(30,000円)に加え、個人向けのライトコース(172,000円)、ベーシックコース(274,000円)、プレミアムコース(518,000円)などのプランが用意されています。

line スタンプ 作るスタンプクリエーション

line スタンプ 作る line スタンプ 作る

100%日本人デザイナーで統制された業界最大手のスタンプクリエーションです。
審査落ち全額返金保証、LINEマーケットまでのトータルサポートも実施しています。
業界最大手であることからも、どちらかと言うと企業や行政向けにはなりますが、お客様の指定場所や会社に訪問してニーズを聞きながら制作する「コンサルティングゴールドプラン(200,000円)」、売上30位内を目指すフルサポート型の「プラチナムプラン(400,000円)」で対応しています!

LINEスタンプを依頼する上で重要な3つのポイント

line スタンプ 作る

  • 制作費用
  • LINEスタンプを作るにあたり、制作費用は1番重要な部分です。
    いくら売上順位が上がり、収入が入ってくるLINEスタンプのビジネススキームがあるとは言え、費用対効果をしっかりと考えなければいけません。
    また売上など気にせず、単に自分がイメージするLINEスタンプを作ってみたい、企業のPRや商品のプロモーションなどに利用したいという場合でも、制作費用はしっかりと確認すべきポイントになります。

  • デザイン力
  • LINEスタンプで大切なことは、自分自身がイメージするスタンプをどれだけ実現できるか…?ということです。
    いくら頭の中に素晴らしいスタンプのイメージを描いていたとしても、イメージ通りのスタンプができなければ、ユーザーに受け入れてもらえるか自信が持てなくなってしまいます。
    そのためにも自分のイメージ通りのスタンプを作ってくれているのか?…その制作会社の制作事例などを見ながら調べてみましょう。
    特にデザインは人の好みや趣味嗜好によっても微妙に違うもので、デザイン力に自信がない方などは、できる限り自分のイメージに近いスタンプを探して依頼するのが良いでしょう。

  • 審査までのサポート
  • 見過ごされがちにはなりますが、LINEスタンプはLINEの審査基準を通過しなければマーケットに登場することはありません。
    LINEマーケットでは独自の審査を設けており、その基準に合わないスタンプは何度やっても審査が通過できないということがあります。
    またLINEマーケットのアカウントを作ったり、データーをアップロードしたりとある程度のノウハウや手間も掛かってきます。
    そのためLINEスタンプを作る会社を選ぶ際には、そういったサポート体制が充実しているか?…という点も重視しなくてはなりません。

このページの先頭へ